トップ

医師の離職率の増加

女性医師のキャリアパス

医師とは

医師の離職率の説明です 

一昔前までは、医師というと離職というイメージはありませんでしたし、実際、離職率は低い職業でした。しかし、全国的な医者不足によって起こる過重労働によってその使命感によって働き続ける人もいれば、体力や精神力が追いつかず転職を考えざるをえない人も増えています。特に女性は、離職率が高く出産や育児などを理由に、研修医からずっと勤めていた病院を離職する事も少なくありません。最近では、全国各地で深刻な医者不足が進んでおり、女性の離職を防ぐ為に工夫や対策などがそれぞれの医療機関で進められています。医師免許は、一度取得すれば一生涯有効なので、自分で定年退職を決める事が出来る職業です。しかし、病院に勤務していれば、ある程度の年齢になれば現場ではなく役職としてステップアップできる可能性もあります。そうなると、第分普段の業務も楽になります。また、開業医として収入アップを図る目的で、定年のない開業医になる為に、このタイミングで離職する人が多いようです。

女性医師の離職率は高い 

医師の離職率は最近増加傾向にあると言われています。離職をする理由としては、もっと高い収入を得たい、というものが多く、転職を繰り返す人もいるようです。理由の多くは年俸制な為、経験を重ねても横ばいのケースが多く、やりがいを感じられなくなる場合もあり、収入を増やす為にはてっとり早く条件の良い所へ転職した方が早いといった事もあります。また、女医の場合には男性医師よりももっと高い離職率があります。理由としては生活スタイルの変化が関係している場合もあります。常勤として勤務するとなると基本的に夜勤もあり、休日出勤もばあいによってはあるので結婚して子供を授かった場合、家族の協力がないととてもじゃないですが両立は難しい現状があります。まだまだ時短勤務を認めてくれる職場は少なく、この為キャリアを積んだ職場を一度退いて新たに非常勤や日勤のみで対応してくれる所に再度就職する人が多いです。または一旦退職の道を選び女医も少なくありません。