トップ / 医師が抱えるストレス問題

医師のストレスとは

医師が抱えるストレス問題

医師が1番ストレスを感じる時 

医師の仕事がストレスフルであることは想像がつくでしょう。当直の時は、ほとんど眠れないことも日常茶飯事です。難しい手術の時は当然緊張します。しかし1番精神的にしんどいなく辛いなと感じるのは、クレーマー患者です。昼食も3分ほどで済ませて走ってトイレに行って外来診療をしているのに、「どれだけ待たせるのだ」と一方的に怒鳴られたり、どうしてもこの薬が欲しいと迫ってきて、暴力を振るう患者さんもいます。患者さんを助けることができなかった時もすごく悲しいですが、一方的に暴力を振るわれた時は虚しさを感じました。

医師は職場選びを慎重に 

様々な事を学んでやっと医師になれますが、仕事を始める前に注意しなければならないのが実際に仕事をする事になる職場の選び方です。常に様々な方の体調や機嫌等、細かい所を見て対応し続けなければならないので他の仕事以上に人と接する機会が多く、ストレスも溜まりやすいです。その為、せっかく勉強をして仕事に就く事が出来たのに途中で仕事を辞めてしまわれる方も居ます。残業等が無い所をなるべく選ぶようにして良い環境を作るようにしましょう。