トップ / 夜間に勤務している医師

夜の医師のお仕事

夜間に勤務している医師

医師とは

医師の方の夜勤について 

医師の夜勤は、日中の勤務と比べ、患者数も少ないイメージがありますが、そんなことはありません。就労時間も、夜勤の医者は、翌朝まで対応をしなければなりません。また、夜に勤務をしている人数も日中に比べてかなり少ないため、来院した患者を診る専門の医者がいない場合もあり、自分の専門分野以外の診療をしなくてはいけない場面も多くあります。来院する患者も、決して少ないわけではありません。夜間診療をしている病院はその母数も少ないため、夜には患者さんが広範囲から集中して来院します。夜の場合には、車同士の事故なども多く、昼間に比べて危険な状態で搬送されてくる患者も多いため、とても大変な職場環境であるとも言えるでしょう。決して楽な仕事ではないのにも関わらず、夜間に勤務をしている医師のおかげで救われた命がたくさんあるのです。医者の夜間の仕事は、日頃あまり目立たない仕事ではありますが、日中と同じくらい大切な仕事です。

医師の夜勤勤務について 

世の中には、昼ではなく夜に働く「夜勤」がある仕事があります。様々な病気や怪我の治療を行う医師は、深夜の急患などのため、夜の時間に勤務する人もいます。ただ、開業医や研究医など、自分自身で病院を経営している人は夜の勤務は一切なく、大学病院など規模の大きい病院に勤務している方には、法律で定められている基準の範囲内で夜勤勤務があります。労働基準法では、22時から翌朝5時までを「深夜労働」と定めており、医師もこれに基づいて勤務を行っています。夜の病院の仕事は一見すると楽なように思えますが、外科や整形外科のような病院では、夜やっている病院が少ないため忙しい傾向にあります。また、年末年始は小規模のクリニックや医院が休みになるため、年中無休の大学病院などは夜を含め非常に混雑する傾向にあります。日によって忙しい日とそうでない日の差も激しく、急患などで救急車が頻繁に来る日は、休憩を取る暇がないくらい忙しくなります。