トップ / 救命専門医師の重要性

救命専門医師とは

救命専門医師の重要性

救命専門医師のニーズ 

救命専門医師とは病気や外傷、さまざまな症状を診療、救急処置する医師のことです。病院で診療、治療を行う医師よりも幅広い知識が必要になります。近年はドクターカーやドクターヘリといった活躍の場が出てきたことでニーズが高まりつつあります。救命は幅広い知識を得るために2年間の臨床期間、その後日本救急医学会の定めたカリキュラムに従って3年以上の研修、さらに資格試験に合格して救命専門医師として働くことができます。また5年ごとに更新も必要になってくるため、ニーズが高まっているものの簡単に増やすことができないのが現状です。

救命専門医師の仕事内容 

救命専門医師の仕事内容にはあらゆるジャンル診療科の網羅し、膨大な知識と経験に加え確かな技術と判断力が必要です。そして「人の命を救いたい」という強い使命感が必要です。救命専門医師の居る救命救急センターには命に関わる状態の人が運ばれてくるので、速やかに診断し適切な処理ができる治療能力を持つことが重要な仕事内容です。助けることが出来なかったというつらい気持ちを覆す事ができる、メンタルの強さというものも要求されます。また災害現場等に行った際は何も無い過酷な状況で処置をすることも有ります。