トップ / 海外の医師は海外の免許を

海外で働きたい医師

海外の医師は海外の免許を

医師とは

海外で医師として働くには 

海外で医師として働くには働きたい国の免許を取得する必要があります。日本の免許だけではどれだけ海外で働きたくても限られた海外活動しか行うことができません。現地の医学部に入り単位を取得して試験を目指す方法のほか、日本の免許を取得してから外国に行って勉強するという方法があります。日本の医療技術はレベルが高く、免許を取得しておけば日本国内での診療は自由に行えるので、医学生もまずは国家試験を突破して免許を受け、その後に外国の免許取得のための準備にとりかかるという場合が多いです。日本の医師免許取得後、海外で学ぶには、臨床研究と研究留学という二つの方法があります。臨床研究の場合は受け入れ国が限られており、自分が行きたい国が門戸を開いていない場合もありえます。臨床研究で渡航するメリットはある程度のお金が支給されるという点です。一方で研究留学の場合は費用が十分に出ない場合も多いですが、受け入れ国がかなり多いです。

海外における医師の活躍 

医師は患者の訴える病状を正確に判断し、人々の安心や健康を保証する使命を抱いた職業です。また、地域医療の為に過疎地に赴くなど、医者自身にヒューマニズムが求められています。更に、ここ十数年ではその活躍は国内に留まらず、海外においてもその高い技術や人間性を生かした活躍をしている方もいらっしゃいます。海外における活躍として最も知名度が高いのは、NPO団体による活動です。途上国や紛争地域などが主な活動拠点であり、世界各国から集まった優秀な医師による医療行為やワクチン接種だけではなく、心理ケアなど人道的でより人々のこころに触れる活動を行ってます。海外で医療活動を行う為に必要なスキルは、まず初めに高度な専門知識についても説明ができるような英語力が求められます。しかし、それ以上に人々を守りたい、受けられる医療行為の格差を無くしたい、少しでも困っている人の力になりたい、世界をもっとよくしたいなどの、強い熱意がなくてはならないでしょう。