トップ / 非常勤勤務の医師とは

非常勤勤務の医師の仕事

非常勤勤務の医師とは

非常勤勤務の医師の仕事とは 

医師という国家資格を持って総合病院に勤めると、都会の病院であれば患者さんも多く経験と実績を積むことができます。たとえば消化器科の分野を専門に学びたいと思っても、田舎の病院であれば患者さんも少なく、内視鏡と手術や開腹手術する機会が減ってしまいます。いくら医師として医療知識を持っていても、実際患者さんに手術するとなると経験数がたくさんないと上手な手術ができません。また病院のほうも重篤な患者さんは設備の整った都会の病院に患者さんを紹介するため、なかなか自分がやりたいことができません。

非常勤勤務医のメリット 

もし内視鏡などの最先端の設備を使って手技を増やしたいと思ったら、非常勤勤務から始めてやりたい病院で実技をつむことができます。1つの病院に就職してしまうと、そこでの仕事が優先となり、自分の勉強、実績を積むことができないので非常勤勤務となって医師として働くやり方はメリットがあります。大学病院では常に最先端の治療を行っているし、学会などにも参加する機会があり知識を習得するにはいいのですが、もし自分のプライベートで時間が取りたい場合なかなかとることができません。しかし非常勤勤務であれば任されたことをやり、新しい知